会社概要
Top >> 会社情報
社名: イズミ食品株式会社
創業: 1971年(昭和46年)5月
創立: 1974年(昭和49年)4月
所在地: google map で所在地を確認 〒141-0031
東京都品川区西五反田 2-10-8-206 (ドルミ五反田ドゥメゾン2F)
TEL: 03-5759-8557  FAX: 03-5759-4330
資本金: 1,000万円
役員:
代表取締役社長 水野 喜法    
専務取締役 水野 勉    
取締役 箕面嵜 弘子    
取締役 東園 健一    
監査役 有馬 俊夫    
監査役 箕面崎 靖子    
名誉相談役:
発酵学者・農学博士
小泉 武夫 先生
業務内容:

業務用天然系調味料の販売

エキス:鹿児島県枕崎産の鰹節製造工場からの鰹煮汁100%を原料として濃縮したボニトエキス、鰹節から抽出・濃縮した鰹節エキスを中心に、又、他の節、煮干しなどの原料から抽出・濃縮した特長のあるエキスを販売しております。

風味源:鰹節等の有する風味、香りをアルコールで抽出。高倍率希釈で効果的に香味・風味付与する天然エキス調味料です。

風味原料:だし抽出用の原料として鹿児島県枕崎産の鰹節、宗田節、サバ節、高知県土佐清水産の宗田節、長崎県産煮干し等の削り、粉砕加工です。

発酵調味料:酒粕酵母の自己消化を促す醸造により抽出したみりんタイプの調味料です。

昆布エキス:昆布加工煮汁を原料に濾過・濃縮した風味・呈味のある昆布エキスです。

関連品:上記以外のエキス、調味料を取り扱いしています。

取引銀行: 三菱東京UFJ銀行 渋谷明治通支店
三井住友銀行 渋谷支店
興産信用金庫 渋谷支店
ページの上へ


沿革

●1971年、創業者・故 箕面嵜淳一が天然系調味料の商品開発と販売を主たる業務として、 故 山田正一先生(元国税庁醸造試験所長・東京農業大学教授)、 小泉武夫先生(発酵学者・農学博士)のご指導によって創業いたしました。
日本でも有数の鰹節造りで歴史ある鹿児島県枕崎市にて(株)ボニト食品と提携して製造を開始。 おもに天然系調味料として鰹節の抽出型のエキスで、香味・風味に特化したエキスを中心に、 他には配合型エキス商品なども構成しています。

そして今日も、風味豊かな鰹、鰹節を原料に、独自の抽出・濃縮法で作る高濃度の鰹節エキスを業務用に販売しております。 長年の職人技でデリケートな香味と風味、味わいを極限まで追求した無添加のエキスにこだわり続けています。


また、イズミ食品は「食に命を懸ける会」の一会員です。
同会は、小泉武夫先生が名誉会長で、大切な心や技、そして味覚と伝統を次の世代へと引き継ぎ、 日本の食文化を守るという高い志のもとに発足した会です。


「食に命を懸ける会」のご紹介


1972年 酒粕酵母の自己消化発酵調味料EIES-200を第一号製品として発売
1999年 天然鰹節だしの濃縮液30倍希釈を発売
2001年 鰹節の香り、風味を上げる本物志向として鰹節エキス風味源を発売
2003年 風味源をシリーズで鰹節、宗田鰹節、さば節、煮干し、昆布を発売
2004年 超希釈倍率の鰹節−9000、鰹節エキス風味源−9000を発売
2005年 鰹節だしを高濃縮に成功し、EIES枕崎鰹節エキスB32として発売
2008年 香味特化エキスとして、かつお節香味だしE-505、
かつお節香味だしBK-32を発売

ページの上へ